So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

水芭蕉に逢えました!!

世間はGWとか!?、遊んでくれる人がいないらしい息子が5月1,2,3日に何処かへ行こうと誘ってくれました。息子が運転してくれるのだから少し遠出もいいと思い福島あたりの温泉に行きたいと希望したところ岳温泉と裏磐梯に宿がとれたと連絡がきたのが出かける1週間ほど前でした。角館、弘前、展勝地とお花見ツアーで出かけていたのでちょっと疲れを感じていたところでしたがやはり家族で行く旅行はいいものだと思いました。

訪れる人の少ない沼を巡りました。
1705020045.JPG

1705020061.JPG

1705020064.JPG

水の音に癒されました。
1705020066.JPG

登る体力がなくなると同時に意欲もなくなりましたがやっぱり山はいいですねえ~。
1705020025.JPG

1705030151.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

春の野へ

久しぶりに土の道を歩いてきました。

桜は開花したばかり゛したが菜の花は輝いていました。

1703300002.JPG

里道を行きます。

1703300005.JPG

1703300006.JPG

桃が咲いている畑。

1703300007.JPG

ヒノキが多い林のなかへ・・・。良いアドレナリンが出るのが感じられるようです。

1703300009.JPG

今年米寿を迎える方もいます。お元気ですね。ちょっと一休みです。

1703300012.JPG

この後、最寄の駅前で一杯でした。健康に感謝[手(チョキ)]
nice!(1)  コメント(0) 

箱根でお祝い会食

芦ノ湖畔にあるレストランで孫娘姉妹の成人と進学を祝って会食をしました。
孫娘にとっては叔父になる息子の友人がシェフでいるイタリアンレストランです。
我が家から車で一時間ほどの道中ですが窮屈な車の中では孫娘たちは何かというと笑い転げています。
11時頃に着いて「今日は空いている」と言っても30分ほど待って席につきました。

1703110002.JPG

窯.JPG

孫娘たちは出てくる食べ物すべてに「美味しい!!」の連発でした。

1703110010.JPG

帰途、吹雪?の駒ヶ岳へロープウエイで上がると芦ノ湖は冬空に静まり返っていました。
孫娘たちは「これもいい思い出」と言っていました。

1703110014.JPG

nice!(0)  コメント(1) 

トレッキング初め

正月三が日をいいことに朝からお神酒をいただいてばかりでは身体も一層重くなってきた。
三浦アルプスの一ルート「森戸林道から二子山」を歩きました。森戸林道に入ると三浦半島にこんな山深い感じのする場所があるとは信じられませんでした。正月の五日でもあるのかもしれませんが登山者に会ったのは7人でした。あとは地元の方が山芋掘りに入ったり山林の管理らしい人に数人会いました。山頂近くの林道では直ぐ下の街からでしょう散歩の人もいましたが二子山はカミさんと二人きりでした。昨年暮れに旧い山仲間と三浦富士で眺めた房総の山が良く見えました。二子山から阿部倉山を経て下山しましたが短いけれど直登、直下降のアップダウンがあり道標もなく少し緊張して歩く楽しい山道でした。一方直ぐ下に街が見えるのはなんと安心なことか思いました。山の管理らしい方に聞いたところ私有地なので道標など設置した登山道にはなっていないとのことでした。どおりで京急などで出しているトレッキングガイドにない訳です。裏山へ勝手に入っているのですね(笑)

森戸林道を行く

1701050004.JPG

1701050006.JPG

二子山山頂

1701050010.JPG

房総の山

富山.JPG

下二子山

1701050009.JPG

山頂の標識は誰が付けてけてくれたものか、写真の通りでした。阿部倉山は墨でかいたものが立木に付けてありましたが写真には暗くてよく撮れませんでした。

nice!(0)  コメント(2) 

紅葉狩り

見事な紅葉を観るタイミングはとても難しい。
年輩の夫婦らしい人が会話していました。
「紅葉、ちょっとおそかったかね」
「なんでも新しい方がいいね~」
「悪うござんしたね、古くて・・・」
そう言いなさんな私はぬれ落ち葉です。

1611160021.JPG




nice!(0)  コメント(0) 

懐かしい一ノ倉沢

高校三年生の夏に先輩にお願いして4ルンゼ(本谷)へ連れて行ってもらいました。初めての岩登りです。マニラ麻のザイルに地下足袋でした。写真があるが学生帽をかぶっている。その日の一ノ倉沢には誰もいなかったように思います。その後ずいぶん行ったと感じていますが数本のルートしか登っていません。難しいとされるのは1本だけです。そんな限りなく懐かしい一ノ倉沢へ紅葉を観に行って来ました。入山者のカウントを取っている係の人に「ロープウェイの出来る前です」と話すと若い人は驚いた様子でした。大勢の人が訪れていましたが平日のせいか天気が良いのに岩壁にはクライマーの姿はありませんでした。

1.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

愛車よ長い間ありがとう

長い間世話になった愛車を降りることにしました。愛車というより愛馬と離れる思いです。タウン車ではありますが雪道を小枝やススキをかき分ける林道を本当によく走ってくれました。足かけ20年、20万kmを超える走行をしたがパンクが1回だけで故障はありませんでした。農業を営む義兄が「いい車だね」と常々言っていたので引き取ってもらうことになり群馬県富岡市まで義母の三回忌法事に合わせて運びました。

1610080014.JPG

CRV1.JPG

写真を撮り「愛馬に田舎で余生を送ってもらうことにしました」「またまだ働くことでしょう」とメッセージとともに孫娘にラインで送りました。CRV、長い間ありがとう。

nice!(0)  コメント(1) 

若いっていいですね

9月4日の日曜日に孫娘の通う高校の文化祭に行ってみました。
創立110周年を迎える古い学校です。
以前は女子校であったためか女生徒が多いようです。
沢山の模擬店が出ていました。部活の発表も各所で行われています。
体育館で音楽部が教科外の先生方とコーラスを楽しんでいました。

DSC_0005.jpg

人形浄瑠璃部という珍しい部があります。部員9人で一生懸命やっていて好ましい感じがしました。

1609040002.JPG

1609040013.JPG

グランドではバトン部が・・・・。

1609040018.JPG

若いっていいもんですね~。


nice!(0)  コメント(1) 

はこわな

腰を痛めても隣の畑の人に助けられて細やかな菜園を続けています。その菜園にハクビシンかアライグマか分かりませんが出没して荒らしています。ビールのおつまみに最高の茹落花生を楽しみに作っていた落花生を「少し残しておいたよ」と言わんばかりに食い荒らされました。怒り心頭に発して市役所(警察ってこともないでしょうから)に相談しました(笑)。収入を得ている訳ではないですけどと遠慮がちに相談する私に「相手も必死ですらね」と農政課の職員さんは親切に説明してくださりその日のうちに業者さんが箱罠を届けてくれました。早速、キャラメルコーンを餌に仕掛けました。1日、2日目と来た形跡がありません。3日目来て罠の側の土を掻いた跡がありましたが入ってはくれません。間抜けな爺さんの罠にかかる間抜けなハクビシンはいないのかと気落ちしています。中学時代の友達にこぼすと「早くたべちゃいな、来年のタネはあげるから・・・」とのことでした。ほんとにタネをとるほど残っていません。悔しい~(>_<)

DSC_0003.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

高原の空気

夏休み家族旅行で3か所の高原へ行って来ました。正確に言うと費用は出したが連れて行ってもらったということでしょうか。雨に降られる三日間でした。

乗鞍・・・・畳平で遊びましたと言いたいところですがとんぼ返りでした。
小学3年生の息子が3026mと言って喜んだ頂上は雲の中でした。

1608170015.JPG

久しぶりに室堂へ来ました。夏に子供たちと雄山へ登ったこと、5月に仲間たちと「みくりが池温泉」をベースにスキーを楽しんだことが懐かしかったです。

1608180055.JPG

栂池自然園は大好きなところです。ガスが切れる一時もあり気分は良いのですが、脊柱管狭窄症で二か月以上ほとんど歩くことをしていない爺さんは孫娘にリュックを背負ってもらい4時間近くかけて歩く始末でした。

池のほとり.JPG



nice!(0)  コメント(1) 
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。